40代 ニキビ

にきび治療には正しい洗顔が必要

にきびができやすい肌で、ケアの仕方がわからないという人はたくさんいます。

 

にきび対策で役に立つのは、洗顔の正しい方法です。

 

にきびを治療するためには、どんな洗顔が効果かあるといえるのでしょう。

 

にきび治療の洗顔で、まず心がけることは洗顔料です。

 

弱アルカリ性で、泡切れも泡立ちもいいものを選びましょう。

 

毎日洗顔をするのは、顔の汚れやホコリを取り除き、油脂や老廃物を洗い流すことです。

 

多過ぎず、少なすぎない洗顔が必要になります。

 

顔をこすりすぎず、時間をかけすぎず、適度な洗顔を1日に2、3回行うのがおすすめです。

 

顔の毛穴が開くように、蒸しタオルをまず顔にあてます。

 

それから泡立てた泡を顔につけます。

 

汚れを落とすためといっても顔はこすらずに、泡を皮膚の上に転がすようにしながら洗顔をします。

 

一回の洗顔時に2回の洗顔を行うという、ダブル洗顔か汚れ落ちがよく、皮膚を清潔に保てます。

 

最初の洗顔は、大まかな汚れや、クレンジングのために行います。

 

残った汚れや細かなものを、2度目の洗顔できれいに洗い落とします。

 

ダブル洗顔は、肌を清潔にしなければいけないにきび治療中は、特に重視したいところです。

 

どんな洗顔石鹸が肌に合うかは人によって違うので、他人の意見をあてにしすぎないようにしましょう。

 

ピーリング石鹸も効果が期待できます。

 

毎日洗顔をして皮膚をいたわることで、にきびの治療をしましょう。

 

>>> 40代になってもまだできるニキビは、食生活とスキンケアが原因でした